読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電光らんちうキック

漫画、特撮、映画に関してぼちぼちつぶやいてます

男には自分の世界がある

漫画

男の世界。


空を駆ける一筋の流れ星にも喩えられる、美しくも儚い世界。
女性がその世界を垣間見ることは希だろう。また、男性であってもこの深遠な世界の全てを知ることは難しい。

 

キャバクラって何するところなの?
個室ビデオ店って中はどうなってるの?
オナホって何?どんな風に使うの? 

そんな男の世界を知ることができる漫画が『をのころん』(全1巻)である。 

 

小野緒乃子(15)男性、並びに男性器に興味津々などこにでもいる女子高生。

彼女は、突然現れた「世の女性が男に抱く好奇心が生んだエネルギー体」である女神ジョディ・オンヌに導かれて、時に透明化し、時におっさんに化けて男の世界の秘密を探っていくのだ。

 

自分も男として生まれてきてぼちぼち40年近くになりますが、男の世界もなかなか広く深いのでね。全てを知るのはなかなか難しいんですねよ。

キャバクラはなんか性にあわないし、個室ビデオ店は近くに無いし……
そういった世界の様子を知るのにこういうレポート漫画は実にありがたいのです。


とりあえず「銭湯に入る時、股間周辺で行われる男性独特の動作」「カプセルホテルから出て来る男性は外はピカピカで目は死んでる」というのが経験済みで納得できたので、他に紹介されてる事例もわりとリアルなのでは、と思う次第。

 

ちなみにこの漫画。『漫画サンデー』において「女性読者を開拓するように」ということで企画された漫画だそうです。


女性の方の感想をお待ちしております。