読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電光らんちうキック

漫画、特撮、映画に関してぼちぼちつぶやいてます

桐谷さんと食卓を囲みたい

seiga.nicovideo.jp

 

マムシを食う女子高生は好きですか?
金玉を食材として考える女子高生は好きですか?
そう、みんなそんな女の子が大好きですね。わかってます。

 

ここ数年、激増している食事漫画界の中で「まだ出てなかったの?」と意外にも思える雑食漫画というジャンル。
カエル、ヘビ、サソリ、豚の睾丸。なかなかご家庭の食卓に並ばないこういった食材に対する好奇心が人一倍強い残念美人な女子高生・桐谷翔子が、それに巻き込まれる教師・榊伸一と共にこれらを調理し、そして食す。
それが今回ご紹介する『桐谷さん ちょっそれ食うんすか!?』なのです。

 

桐谷さんは生きたカエルでも生きたマムシでも躊躇なくさばいていきます。時にトノサマガエルの頭を机の角に叩きつけ、時にマムシの首をはね、あまねく生き物を食材に変える姿には清々しさすら感じます。
ただし、味付けも清々しすぎて塩をふる以上のことはできないため、そこは榊先生が調味に一手間加えたり、食材として野草を添えるなど植物方面からのサポートを加えていきます。素晴らしき雑食師弟コンビの連携プレイ。

基本的にどの料理にも一定の美味しさを見出しているのも素晴らしいですね。ちなみに何食っても美味いと言うような子じゃありませんのよ?


さて、そんな『桐谷さん ちょっそれ食うんすか??』なんですが、料理漫画として食材のチョイス以外で非常に優れている点があります。

桐谷さんの食事スタイルが素晴らしいのです。
作画がすごいとか、リアクションが面白いとかそういうことではありません。

f:id:yosiowsan:20161026235516j:plain

食べる時は器の中を見て、咀嚼中に喋らず、飲み込んでから感想を述べる。

料理漫画ではリアクション優先になって軽視されがちな当たり前の食事の描写がなされてるんですよ(例外のシーンもあります)。黙々と咀嚼して飲み込むまでだいたい2コマは使ってます。これが素晴らしい。エキセントリックな桐谷さんですが、これだけで育ちの良さがうかがえます。素敵。一緒にカエル食べたい。


美味しいものを食べて服がはじけたり、よだれが吹き出たりする漫画もありますが、そういうのは漫画的リアクションとわかってはいるんですよ?わかってはいるんですが、発情したような顔で「おいし~~!!」とか言いながら飛び上がって口を開けて咀嚼したものを見せつけてくるような演出をされると「うるせぇ、黙って食え」とぶん殴りたくなるような気分になることもあるわけでして。


今後も桐谷さんには、よりエキセントリックな食材を、日常の食卓のように味わい続けて欲しいなと、そう思うのです。

 

桐谷さん ちょっそれ食うんすか!? : 1 (アクションコミックス)

桐谷さん ちょっそれ食うんすか!? : 1 (アクションコミックス)